マッサージを受けた直後のお酒

以前、仕事終わりにあまりに肩が凝って、職場近くでなかなか評判がいいマッサージのお店に初めて行ってみました。
その日は友人と食事の約束がありマッサージも30分程度の短いコースしか受けられる時間がなかったのですが、慢性的な肩こりによってひどい偏頭痛に悩まされたことがあったので肩こりをそのままにしておくこともできず、短時間で多少ましになればいいやという軽い気持ちで受けてみたんです。
視力も低く目からくる肩こりがひどい体質なのでいろいろなマッサージを受けてきましたが、その日わたしに施してくれた方のマッサージは本当に最高でした。
たった30分、されど30分を感じさせてくれる肩こりの解消具合にリピーターになることをその場で心に決め、どこのマッサージ店に行っても作らなかったポイントカードもすすめられるまま受け取り、また来店する旨を伝えて友人との食事に向かいました。
友人はお酒が好きな子で、二人で食事をするとなると大体が居酒屋かバーになります。
その日は居酒屋さんだったのですが、いつものペースで話しながら飲んでいると、ふと目が回っていることに気がついて。
飲みすぎているということもなく、むしろいつもより少量で酔いを自覚していたので体調でも悪いのかと思い、その日は早めに切り上げて帰宅しました。
あとで同じく肩こりのひどい母親に電話して聞いたところ、マッサージのように血行がよくなることをしたあとの飲酒は酔いが回りやすくなるのだと知りました。
以来、お気に入りのマッサージ店には未だに足繁く通っていますが、マッサージしてもらった当日の飲酒は一切しないように心がけています。

ホームに戻る